Service

子供の教育

太鼓で得た自信や安らぎが成長に影響

塾や英語のような受験対策にはならないかもしれませんが、和太鼓の力は未知数です。子供達が大人になる過程で、直面する様々な課題に対して、和太鼓がかつて与えた自信が彼らの助けとなり、過去を振り返った時に、和太鼓の記憶が心を温かくするかもしれません。そのような瞬間に、かつての先生を思い出し、再び訪問できる安らぎの場所であることを願って精進しております。

和太鼓を通した教育

子供たちが楽しいと思える教室に!

  • なぜ?子供に和太鼓?

    子供たちはエネルギーにあふれています!保育園・幼稚園・学校・学童・・・どこにいてもエネルギーを発散させています。どこでどのように発散させるか、ここが重要です。個々によって異なりますが、大人も子供もそれぞれ発散の仕方があります。しかし、どうやって発散したらいいのかわからない人も多いのが現状です。和太鼓は音楽であり、文化であり、スポーツであり、様々な要素が含まれています。

    分野で言えば、英語や塾のように直接的に受験に役立つわけでもない和太鼓です。でも必要だと思います。子供たちが10年後、20年後、どんな大人になっているかはわかりませんが、何か壁にぶち当たった時、悩んだりした時、自信になるものがあれば、また次の一歩が踏み出せます。ふと一人になった時、昔を振り返った時、ほんのかすかでも和太鼓をやっていた自分を思い出すことがあるかもしれません。その時、そう言えばあんな先生がいたなと、心を和ませたり、いつでも訪れることのできる場所でありたいと思っています。

    和太鼓の経験を積み重ねてきて「和太鼓の持つ力の不思議」を感じます。成長過程には、思春期や反抗期があります。反抗期は1回に限りません。年齢や、環境によって、反抗の出方も異なります。反抗期の早い子もいれば遅い子もいます。ちょっと悪びれたことがカッコイイと感じたり、言葉使いが変わったり、急に口数が減ったり、目を合わせなかったりと様々です。これまでの経験を通してわかったこと、感じたことがあります。どの子にも共通して言えることが一つ!どんな反抗期があっても、太鼓を打ってる子は、また打つ環境にある子は、道から外れそうになっても外せない!そういう心の状態を作ってくれるのが、太鼓の力だと思います。まずは和太鼓に触れてみてほしい。和太鼓スクールは、情操教育の1つです。
  • これだけは!

    2歳・3歳・5歳・・・何歳であろうと、この教室で大切にしていることがあります。それは、レッスンの最初と最後に全員揃って正座でごあいさつすることです。「よろしくおねがいします。」「ありがとうございました。」意味が分かっても分からなくても(ここポイントです)、1つのカタチとして身につけます。何なのか理解していなくても、自然にきちんと正座でごあいさつができるようになったり、挨拶ができるようになります。きちんとごあいさつが出来ないと太鼓を打つことは出来ません。礼儀作法は全ての始まり。和太鼓の演奏だけでなく、習い事の中で子供に礼儀の大切さを教えます。まずは基本からです。(もちろん和太鼓教室では太鼓の扱いや、バチの扱いも指導いたします)
  • レッスンで離れるとき泣いてしまう子を心配に思うお母さんへ

    2歳や3歳のお子様や、保育園などに通われていないお子様など、レッスン前にお母さんと離れるとき泣いてしまう子、泣きわめいてしまう子、これまでにもちろんありました。小さいお子様はたいてい慣れるまで毎回大泣きです。なかなか我が子と離れられないお母さん、心配そうに見送るお母さん、色々です。そんな時、いつも声掛けをしております。
    「泣かない子もいるけど、泣くのはとても正常なことですよ!一番信頼してる人と離れるのだから!でも始めにものすごく泣いた子は、ある程度慣れた時スキッとイイ意味で後ろ髪引かれない、たくましさを見せます。心配ないですよ、大丈夫!」
    そうお伝えしています。現に、何回くらい泣いたのか、それぞれの子供たちによって違いがありますが、どの子もみんな元気に太鼓を打っています。時には抱っこもするし、打てない間はお話をしたり、その子の心の準備が出来るまで様子を見ながら取り組んでいます。そしてある時、自分から「ドコドコする」という子もいますし、「ドコドコやってみる?」と誘って打ち始める子もいます。思わず、笑顔がこぼれ嬉しくなる瞬間です。

お母さんたちの声

  • 教室に通うようになって、幼稚園、保育園では見せない顔をみることができた。のびのびしている!嬉しい!
  • 「たいこドンドン」と楽しみにしている様子がわかり、習わせて良かったと思う。教室近くになると走り出します。
  • 発表会にはまた出したい!自分の子が何百人もの人前に出てきて、演奏したり、演奏後の先生のインタビューで自分の名前などが言える姿を見るのは、本当にドキドキと幸せいっぱいになります。
  • 自分自身、昔に音楽をやっていて小さい頃の舞台での経験は生きているので、今は分からなくても子供には絶対続けさせたい!
  • 小さな体で、きちんと正座をして「ごあいさつ」している姿を見た時、「こんなことが出来るんだ!」と、ちょっとの事でも成長ぶりを感じ、ジーンと心に届く。
  • 太鼓に行った日の夜は、よく寝てくれるので助かります(笑)
  • 人見知りの強い子なので、やれるか心配もあったけど、1回1回進歩していく様子は自分の一歩でもあり嬉しくなります。
  • 人前では恥ずかしくて今まで下を向いていた子が、幼稚園・保育園・学校の発表の場で、誰よりも顔を上げていた。いつも顔を上げて前を向いて太鼓の練習をしていたからだと感じ、自慢に思えました!
  • レッスンの間の1時間は、買い物したり、マッサージに行ったり、ちょっとお茶したり、貴重な1時間です。
  • きっかけは楽しく太鼓を!だったけど、大きくなるにつれ本当の楽しさを知ったり自信になっているのが何より嬉しい!
Voice

生徒さんの声

Q 楽譜が全く読めません。分からなくても始められますか? 楽譜が全く読めません。分からなくても始められますか?
A

まったく問題ありません!教室を始められるほとんどの方が、譜面は苦手!という方です。小さな子供から、大人80代に至るまで、全く分からない人でも、スムーズに出来るようになっています。初心者クラスは、基本の基本から順に進んでいきます。ご安心下さい。それでも心配な方はおられると思います。ご入会の時に、(譜面が苦手)など、お伝え下さればこちらもそのように対応します。

Q リズム感がありません。他の方のジャマになったりしませんか? リズム感がありません。他の方のジャマになったりしませんか?
A

これも気になる方が多いようです。初心者クラスでは、毎レッスン新しいリズムを習っていきます。その進み方は、みなさん異なります。スタートも違えば、お休みをしたり、プラスで多く参加されたりと。その為、初心者クラスはみんな違うリズムをそれぞれ取り組んでいます。気にする必要がありません。はじめと終わりに少しだけ音合わせを行いますが、遊び感覚で短いものなので大丈夫ですよ。

Q 入会からのレッスンの流れはどんな感じですか? 入会からのレッスンの流れはどんな感じですか?
A

入会してから、まず初心者クラスでレッスンを行います。約3ヶ月は基本リズムを覚えていきます。その後、次のクラスへ進むための曲説明に進んでいきます。クラス編成は毎年、発表会後が節目となっていて(だいたい1月)そのタイミングで皆さん移動されますが、初心者クラスの方は、その人の進む段階に合わせて、進めていきます。

Q スケジュールについてが特に気になっています。毎回、同じ曜日に来られない時があります。振替などありますか? スケジュールについてが特に気になっています。毎回、同じ曜日に来られない時があります。振替などありますか?
A

初心者クラスも、その他のクラスも(シニア以外)、同じことをやっているクラスが平日と週末にあります。事前にスケジュールが分かっている場合は、前日18:00までにご連絡下さい。振替が可能です。当日の連絡は当日キャンセル扱いになり振替が出来ません。

Q 月謝の支払いにカードは使えますか? 月謝の支払いにカードは使えますか?
A

教室という業種は基本的にカードは使えないようになっています。現金でのお支払になります。月々が面倒な方、ポイントを貯めたい方は、まとめて月謝チケットを購入する方法もあります。